恐怖の「キロ弁」


沖縄県民は大の弁当好き。都道府県別では全国第2位、都市別では那覇市が全国3位である。その話は、このサイトの「メタボになりそう」のページでご紹介したので、お読みになる方は ⇒ コチラから どうぞ。

那覇市の崇元寺通りを走っていたら、とても目立つ黄色の看板が目に入った。文字は「どど〜んと1kg!! キロ弁」と書いてあった。

どんな弁当なのか興味があったが、店側とは反対車線を走っていたので立ち寄れなかったため、家に帰ってネットで検索した。「1キロ弁当」で検索して一発でヒットした。店の名が「キロ弁」だった。総重量約1kgという超メガ弁当は、ご飯だけでも約400gある。米1キロで6.7合なので、400gは2.5合以上ある。ご飯が400gということは、おかずは600gだ。弁当の種類は「チキンカツ弁」、「デミハンバーグ弁」、「唐揚げ弁」、「チキン南蛮弁」、「てりやき弁」、「トンカツ&豚キムチ弁」などなどで、1日、最大120個売れるとか。俄然、実物を見たくなったので、翌日、泊港方面から入って「唐揚げ弁」を買ってきた。おかずとご飯は別の容器で、唐揚げを数えてみたら13個もあった。

さぞカロリーも多いのではと思って調べてみた。唐揚げが1個30gとして13個で923キロカロリー、コメが400gで1,424キロカロリー、これで2,347キロカロリーある。このほかに「野菜炒め」、「ひじき」、「ポテトサラダ」、「ウィンナー」、「スパゲティ」が詰め込んであったので、総カロリーは、???。1食で成人男性の一日必要カロリーを軽くオーバーするだろう。さて、その お値段はというと、何と500円である。平成24年4月の開業以来、据え置きだそうだ。本店は那覇市泊港近くの国道58号線・泊交差点から崇元寺に向かってすぐ左にあるが、今では与那原町にも支店がある。本店は日祝休みだが、与那原店は定休日なしの24時間営業という。

さすがにこの量では多すぎるという人のために、ハーフキロ弁、レディース弁、400円弁、300円弁もあるので、安心してお買い求めを。なお、自宅に体重計はあるがスケールがないので、弁当が本当に1キロある所をお見せするため、那覇経済新聞さんのサイトにあった写真をお借りした。



店舗 弁当
この看板は、かなり目立つ 間違いなく1キロある超メガ弁当


◎このほかの食品関係は

◎沖縄の食品関係(タイトルをクリックしてください)

・沖縄に来た直後に書いた「食べるモノ」 ・恐るべしシーチキン
・沖縄の野菜 ・沖縄のご飯は、美味しくありません
・沖縄の水道水は飲めるか? ・沖縄の塩
・沖縄のパン ・がっかりしたパン屋
・沖縄の魚 ・ゴーヤ
・サンドイッチシャープ ・沖縄のスッポン料理
・沖縄そば ・沖縄県民はカレーを食べない?
・沖縄かまぼこ ・いちゃがりがり
・ねこまんま ・ひーじゃーでおもてなし
・ヌーヤルバーガー ・ルートビアはビールではない
・ナーベーラーって何? ・チキンバラバラ
・「ぽーぽー」はお菓子ではない? ・沖縄のてんぷら
・多良間島の「ぱなぱんびん」 ・吉野家に「タコライス」
・ムーチーの日 ・ちょっちゅね
・オススメの泡盛は? ・沖縄のみかん
・波布食堂 ・オリオンビールが旨い
・沖縄県人は温かい豆腐を買う ・沖縄のパイナップル
・1,000円のハンバーガー ・「テビチ」と「チマグー」は違う
・「ちんすこう」の元祖は? ・ホンモノの黒糖とは?
・これが「の〜まんじゅう」だ! ・初めて沖縄そばを食べる人に
・恐怖の「キロ弁」 ・タコスとタコライス、どっちが好き?
・沖縄県人はおせち料理を食べない? ・おばあ食堂

  ナビゲーションはトップページにあります。

   TOPページへ