おばぁ食堂



知花食堂のそば


昔、石垣島の具志堅用高記念館の近くに「あんまー食堂」という名の店があった。「あんまー」とはお母さんという意味なので、本土なら、さしずめ「おふくろの味」というところ。こういう店は「てぃーあんだ=手間ひまかけた」料理が売り物である。それに比べると「おばぁ食堂」は、「てぃーあんだ」な料理はないが、素朴で低価格、味わいのある料理を出す。

石垣島の「知花食堂」をご紹介する。「知花」は「ちばな」と読む。沖縄では ごく普通にあるので、珍しい名前ではない。「おばぁ」が一人でやっている食堂なので、典型的な「あばぁ食堂」である。とてもお元気だが、80歳は超えておられるであろう。建物は下の写真のようにレトロである。壁にはMLBのニューヨーク・メッツなどで監督をしていたボビー・バレンタイン監督が、千葉ロッテの監督をしていた時代のポスターが未だに貼ってある。

メニューは「そば(大)」が何と350円。「そば(小)」は300円。焼きそば500円、みそ汁500円、トーフチャンプルは600円。以上、これだけ。焼きそばには みそ汁が付き、みそ汁には ご飯、トーフチャンプルには ご飯とみそ汁が付いている。みそ汁が500円は高いとお思いだろうが、単品の場合は どんぶりで出てくる。具だくさんである。決して高くはない。開店時間は11時30分だったので、我々が行ったときには店の入り口に鍵がかかっていた。正面ではなく住居の玄関から中に入って15分ほど待った。開店時間になると、地元の方が入ってきたので、ほぼ満席になった。地元のお年寄りは、入ってくるなり「おばあ!、小」と一言(ひとこと)。発したのはこれだけ。常連さんなのだろう。毎週木曜定休日と大書きしてあった。

「そば(大)」を注文したが、上の写真のように、”そば” は大盛。トッピングは、豚肉、かまぼこ、卵焼き、赤ショウガに振りネギ。本島や新石垣空港で食べたら600円~だろう。麺の味は普通。ダシは薄めだが、味はジョートー(注)。八重山そばは、丸麺で赤ショウガは入れないのが普通だが、この店は、平麺でショウガが入っていた。これは、おばぁのこだわりか。

(注)ジョートー…は優れたもの。つまり上等ということ。ジョートーについては、HP「沖縄の心」によると、うちなーぐちの定番中の定番で、沖縄の皆さんは日常会話の中で、かなり頻繁にジョートーを使う。心から「上等」と思って使うこともあれば、軽く「いいんじゃないの~」程度の相づち代わりのときは「ジョートー、ジョートー」と繰り返すこともある。

冒頭の「あんまー食堂」は、何年か前に閉店したらしいので今はない。
なお、沖縄そばについて詳しくお知りになりたい方は、⇒ コチラから

◎このサイトの "おばぁ" 関連は
 ・おばぁ三話⇒こちらから
 ・おばぁには逆らうな⇒こちらから


知花食堂 メニュー
赤瓦ではないが、レトロな外観、知花食堂 メニューはこれだけ
看板 場所は、県道79号線の「米原のヤエヤマヤシ群落の入口」から西へ200メートルほど行ったところの左側。

左の写真のような看板がある。建物は、道路より少し奥まったところなので見逃さないように。「ヤシ記念館 P←300m」の看板を左に曲がる。

ナビ検索は、沖縄県石垣市米原561で。


  ◎このほかの食品関係は
◎沖縄の食品関係(タイトルをクリックしてください)

・沖縄に来た直後に書いた「食べるモノ」 ・恐るべしシーチキン
・沖縄の野菜 ・沖縄のご飯は、美味しくありません
・沖縄の水道水は飲めるか? ・沖縄の塩
・沖縄のパン ・がっかりしたパン屋
・沖縄の魚 ・ゴーヤ
・サンドイッチシャープ ・沖縄のスッポン料理
・沖縄そば ・沖縄県民はカレーを食べない?
・沖縄かまぼこ ・いちゃがりがり
・ねこまんま ・ひーじゃーでおもてなし
・ヌーヤルバーガー ・ルートビアはビールではない
・ナーベーラーって何? ・チキンバラバラ
・「ぽーぽー」はお菓子ではない? ・沖縄のてんぷら
・多良間島の「ぱなぱんびん」 ・吉野家に「タコライス」
・ムーチーの日 ・ちょっちゅね
・オススメの泡盛は? ・沖縄のみかん
・波布食堂 ・オリオンビールが旨い
・沖縄県人は温かい豆腐を買う ・沖縄のパイナップル
・1,000円のハンバーガー ・「テビチ」と「チマグー」は違う
・「ちんすこう」の元祖は? ・ホンモノの黒糖とは?
・これが「の~まんじゅう」だ! ・初めて沖縄そばを食べる人に
・恐怖の「キロ弁」 ・タコスとタコライス、どっちが好き?
・沖縄県人はおせち料理を食べない? ・おばあ食堂

  ナビゲーションはトップページにあります。

   TOPページへ