ムーチーの日


ムーチーの日

上の写真は、自宅近くのスーパーの今日のチラシ。
ムーチーの作り方や材料を掲載している。

2020年のムーチーの日は1月2日

平成27年1月27日は、「ムーチーの日」である。といっても、本土の人には何だか分からないと思うが、「ムーチー」とは「もち」のこと。沖縄言葉の「も」は「む」に変化するので、「モチ」は「ムチ」になる。なぜ変化するのは ⇒ コチラから

ムーチーは鬼餅とも云われる沖縄のお菓子である。餅を月桃(げっとう)という植物の葉で巻くことから「カーサ(葉)ムーチー」と呼ばれることもある。餅粉をこね、白糖や黒糖で味付けを行い、月桃の葉で巻き、蒸して作る。旧暦の12月8日に仏壇、神棚などに供え、健康・長寿の祈願のためと厄除けとして食べられる。ムーチーを食べる旧暦の12月8日は、新暦の1月から2月に当たり、今年は1月27日だが、昨年は1月8日で、その前の年は1月19日だった。この時期は、沖縄では最も寒い時期であり、このころを沖縄方言でムーチービーサー(鬼餅寒)とも呼んでいる。

「鬼餅」の由来は、昔、首里金城から大里村に移り住んだ男が、夜になると鬼に変身して人や家畜を襲うことから、その男の妹が鬼になった兄を憂いて、鉄釘入りのムーチーを兄に食べさせ、油断させたところを海に落として退治したというものである。このように鬼退治にムーチーが使われたことから「鬼餅」と呼ばれることになった。(以上、Wikipediaなどを参考に作成)

私が、このムーチーを初めて食べたのは、沖縄に来た翌年のムーチーの日のことである。サークルに参加したら、あるご婦人が、自分で作ったというムーチーをたくさん持参された。チマキみたいに葉っぱで包んであった。その葉が月桃で、一口、食べたら樟脳のような臭いがした。それ以来、食べる機会はあったが、私は一度も口にしなかった。ところが沖縄の皆さんは、食べ慣れておられるのか、お好きな方が多いようだ。月桃は、家の庭、街路樹の植え込みの中、空き地など、沖縄では至るところで見ることが出来る。



月桃 月桃の花
月桃の葉。草丈は3メートルにもなり、防虫効果もある 5月には、こんなかわいい花が咲く


最後に、今朝の琉球新報の4コマ漫画は、ムーチーは家族の健康を願うためだから、「健康にまさいる宝は、ねーらん(ない)ぐとぅやー(からね)」と、しまくとぅば(島言葉)で結んでいる。また、初めてムーチーを迎える赤ちゃんがいる家では、初ムーチーと言って親戚・近所にムーチーを配って歩く。


 ◎このほかの食品関係は

◎沖縄の食品関係(タイトルをクリックしてください)

・沖縄に来た直後に書いた「食べるモノ」 ・恐るべしシーチキン
・沖縄の野菜 ・沖縄のご飯は、美味しくありません
・沖縄の水道水は飲めるか? ・沖縄の塩
・沖縄のパン ・がっかりしたパン屋
・沖縄の魚 ・ゴーヤ
・サンドイッチシャープ ・沖縄のスッポン料理
・沖縄そば ・沖縄県民はカレーを食べない?
・沖縄かまぼこ ・いちゃがりがり
・ねこまんま ・ひーじゃーでおもてなし
・ヌーヤルバーガー ・ルートビアはビールではない
・ナーベーラーって何? ・チキンバラバラ
・「ぽーぽー」はお菓子ではない? ・沖縄のてんぷら
・多良間島の「ぱなぱんびん」 ・吉野家に「タコライス」
・ムーチーの日 ・ちょっちゅね
・オススメの泡盛は? ・沖縄のみかん
・波布食堂 ・オリオンビールが旨い
・沖縄県人は温かい豆腐を買う ・沖縄のパイナップル
・1,000円のハンバーガー ・「テビチ」と「チマグー」は違う
・「ちんすこう」の元祖は? ・ホンモノの黒糖とは?
・これが「の〜まんじゅう」だ! ・初めて沖縄そばを食べる人に
・恐怖の「キロ弁」 ・タコスとタコライス、どっちが好き?
・沖縄県人はおせち料理を食べない? ・おばあ食堂

  ナビゲーションはトップページにあります。

   TOPページへ