沖縄の魔よけ


沖縄の森には妖怪「キジムナー」が住みつき、街角には「マジムン」や「ヤナムン」などの魔物が潜んでいる。沖縄の生活の中で魔よけと厄払いは、切っても切り離せない。また、沖縄の皆さんは、日常生活や行事でも先祖の霊をすごく大切にする。そして、悩みごと、相談ごとはユタにご選択を仰ぎ、家を建てるときには、生活の便利さより風水が優先し、どこの家でもヒヌカン(火の神様)を祀って祈りごとをする。ヒヌカンは厄払いもしてくれるので、決しておろそかにするようなことはしない。はたまた街を歩けば、「シーサー」や「石敢當(いしがんとう)」をひんぱんに見かける。これらは飾りモノではなく、日常生活の「魔よけ」としての役割を果たしている。

今回は、沖縄で生活するうえで知っておきたい「魔よけ」についてご紹介する。沖縄の二大魔よけは、前述の「シーサー」と「石敢當」である。「シーサー」については、このサイトの別ページにご紹介している。⇒ こちらから。「石敢當」は ⇒ コチラから。このほか、
◎ヒンプン…外から入ってくる魔物をはね返す。もともと中国語の屏風(ひんぷん)のことで、家の門と玄関の間にある衝立のようなもの。沖縄の魔物は角を曲がるのが苦手といわれ、直進して入ってこないようにと設けられている。また、外からの目隠しにもなる。古くからの家には、たいていある。これは、昔、観光で沖縄に来たときバスガイドが教えてくれた。

◎ゲーン…ススキの葉を十字に結んだもの。お盆の後の旧暦の8月ごろは、多くの魔物がうろついているので、門や家の四隅にゲーンを挿して結界を張り巡らせて魔物を追い払うのだ。私も初めて見たとき、神事に使うものだろうとは思ったが、名称が分からない。ネットで「沖縄、ススキ、神事」で検索して名前を知った。ゲーンは大型だが、小さいのは「サン」といって、弁当や重箱を屋外に持っていくとき、食べ物などをヤナムンから守り、腐らないようにその上に置くのだそうだ。もっと小さいサンは「サングヮー」ともいう。

◎スイジガイ…特徴のある形をした大きな貝だが、玄関につるしたり、家の周りにおいて魔よけとした。漢字で書くと「水字貝 」、形が「水」という字に似ているため、火災よけとしての役割もあった。なお、このスイジガイが登場する小説について紹介しているのは、⇒コチラから。名護市と宮古島市(旧平良市)の「市の貝」に指定されている。市町村の花とか木は、よくあるが、市の貝があるというのは、さすがに海に囲まれた沖縄だと感心した。

ゲーン ヒンプン スイジガイ
ゲーン ヒンプン スイジガイ

《ご参考》
キジムナーとは、沖縄諸島に伝わる伝説上の妖怪。人間と共存するといわれる。マジムンとかヤナムンは魔物のこと。文化人類学の饒平名健爾 (よへなけんじ)琉大教授によれば、幽霊は4種類に分類出来る。
ユーリー…人形・白衣・長髪。
ヤナムン…子孫無く供養絶えた死者の霊・食物の初物を奪う。
マジムン…種々変化して人を驚かす・マブイ(魂)を奪う・病気をもたらす。
シチ・シチマジムン…雲や霧の如き不形・人々を連れだし迷わせる、と分類しておられる(「沖縄県史、第22巻民俗1号」より)。

  ナビゲーションはトップページにあります。

   TOPページへ