沖縄県人は年賀状を出さない?


年賀状の発行枚数が年々減っているという。新聞によれば、今年(2016)の全国の年賀状発行枚数は30億2千万枚で、対前年94%だったそうだ。平成15年のピーク時の44億6千万枚に比べれば3割以上減ったことになる(日本郵便発表)。原因はeメールの普及や団塊の世代がリタイアしたので枚数が減ったなど いろいろあるだろう。私も現役時代の晩年には300枚以上出していたが、定年した年に今回限りとお断りをして、その翌年から賀状を出さなくなった。その後も頂く方には、メールで賀状をお出ししている。

ウェザーニューズ社が、日本人の年賀状事情を調査するため、「年賀状を何枚書いた?、何枚もらった?」との質問をして調査した。その結果は、 書いた数の全国平均は37.3枚、もらった枚数の全国平均は33.9枚だった。この結果を都道府県別に見てみると、年賀状を出す枚数の一番少ない県は沖縄県で、16.6枚、もらう枚数の一番少ないのは、出すのが少ないのだから当然だが沖縄県で、17.1枚だった。

◆年賀状を出す枚数ランキング◆
1位 石川県  56.3 枚
2位 富山県  53.2
3位 北海道  53.0
4位 鹿児島  49.5
5位 宮崎県  49.1
    ・
    ・
    ・
43位 徳島県  30.0
44位 山形県  29.8
45位 福島県  29.6
46位 茨城県  26.1
47位 沖縄県  16.6

◆年賀状をもらう枚数ランキング◆
1位 富山県  53.8 枚
2位 石川県  49.2
3位 北海道  48.0
4位 奈良県  44.6
5位 佐賀県  42.8
    ・
    ・
    ・
43位 青森県  26.9
43位 岩手県  26.9
45位 徳島県  25.0
46位 茨城県  24.5
47位 沖縄県  17.1

年賀状を書いた枚数の結果を年代別に見てみると、10代の平均は21.2枚、20代は13.2枚、30代は28.7枚、40代は38.2枚、50代は45.7枚、60代以上は55.3枚という結果だった。20代は他の年代に比べて年賀状を書く人が少なくなっており、携帯メールやLINE の普及により、年賀状離れしたのだろう。私の所属するサークルの方々にお伺いすると、年賀状を要求しているみたいなので、ボランティア先の20代の数人に聞いたのだが、沖縄では儀礼的な年賀状を出し合う習慣がないそうだ。それと、小さな島だから会う気になれば、いつでも会えるので、消息を知らせあう必要もないという。また、仮に年賀状が来て返事をしなくても気にならないらしい。結局、賀状の習慣がない以外の回答は得られなかった。習慣がないと言いながらも、ごく親しい人には出しているという。このあたりが、よく分からない。

沖縄では、お賽銭の金額が日本一少ないという調査もあった。詳しくは⇒ コチラから。行事は旧暦で行うことの多い沖縄では、新暦の正月は、あまり大事にされていないもかもしれない。

◎このサイトの沖縄の正月関連は、
・ 沖縄県人はおせちを食べない ⇒ コチラから
・ 沖縄のしめ縄 ⇒ コチラから
・ 沖縄県人のお賽銭はシビア?⇒ コチラから
・ 沖縄手帳 って何?⇒ コチラから
・ 御花米(はなぐみ)とは ⇒ コチラから
・ 沖縄の正月は4回ある ⇒ コチラから



  ナビゲーションはトップページにあります。

   TOPページへ