沖縄本島で初雪を観測


平成27年から28年にかけては暖冬といわれてきた。1月21日には、気象台が那覇市で桜が開花したと発表したばかりだったのだが、24〜25日、「ポーラー・ボルテックス(注1)」による強烈な寒波が沖縄に押し寄せ、上空1,500メートルでマイナス6℃という寒気が、すっぽりと沖縄諸島を覆ってしまった(下の天気図はYahoo weatherより)。雪の降る目安が上空1,500メートルでマイナス6℃というから、沖縄でも、いつ雪が降ってもおかしくない気象状況だった。

(注1)ポーラー・ボルテックス…北極および南極の 上空にできる、大規模な気流の渦のこと。極渦(きょくうずorきょくか)といわれる。



雪の降った日の天気図


そして24日の夜、名護市と久米島町で雪と雨が交じった状態の「みぞれ」を観測したと沖縄気象台が発表した。「みぞれ」は観測上、「雪」に分類される。沖縄でみぞれが観測されたのは昭和42年2月17日、久米島で確認されて以来で39年ぶり。沖縄本島では初観測となる。この日、国頭村奥では3.1℃という沖縄気象台の観測史上、最低温度を記録した。TVニュースをご覧になりたい方は ⇒ コチラから。 

全国の報道で「沖縄で雪が降るか?」の話題が大きく取り上げられたこともあり、沖縄県民は「雪、降るかねぇー?」、「雪、見たいさー」、「降るとイイねぇ」などと、雪への期待感でもちきりだった。何しろ、生まれてから一度もホンモノの雪を見たことがないという方が多いのだ。

このサイトに「沖縄で雪が降ったことがある。ウソ、ホント?」というページがあるが、平成28年1月の1ヶ月のアクセス数は、1,900件を越えた。このページは、今までは1年間の合計でも1,000件しかアクセスがないので、全国の皆さんも、沖縄で雪が降るかどうか興味がおありのようだ。お読みになる方は⇒ コチラから



また、平成28年1月23日(土)午後、宜野湾市にあるラグナガーデンホテルの13階から雪を撮影した人がいた。撮影した動画には、白い粒が風に舞う様子が映っていた。 動画をご覧になりたい方は ⇒ こちらから。しかし、沖縄気象台は、そのときの気温は高く、雪の可能性は低いと言っている。私には雪のように見えるけれど…。

沖縄にこんな歌がある。「庭や雪降ゆい 梅や花咲ちゅい 無蔵が懐や真南風ど吹ちゅる」沖縄の「恋の花」という民謡の歌詞だ。「庭には雪が降り、梅の花が咲き、あなたの懐には南風が吹く」というものだが、いつごろの歌だろう。

◎関連するページ
  ・「沖縄で雪が降ったことがあるか?」は⇒こちらから
  ・「沖縄でも寒い!」は⇒こちらから
  ・「沖縄に四季はあるか?」は⇒こちらから
  ・「沖縄で一番、いい季節は?」は⇒こちらから
  ・「季節感のない沖縄」は⇒こちらから
  ・ 沖縄で雪の降った記録を詳しく知りたい方は⇒こちらから 原文です。口語に訳してはおりません。

  ナビゲーションはトップページにあります。

   TOPページへ