沖縄県人はヒヌカンを大切にする


ヒヌカン
 

「ヒヌカン」といっても、本土の方にはなじみがないと思うので ご説明すると、沖縄では土地にも家の各所にも神が宿っているとされ、「ヒヌカン」とは、台所に祀られている「火の神」「カマド(竈)の神」のことをいう。昔は台所のカマドの後ろに3個の石が置かれていたが、今は白い陶製の香炉に変わった。私の本土の家の台所には秋葉神社の札が貼ってあった。火の神様なので、同じ役割と思ったが、沖縄では それ以上の存在で、香炉のわきに塩、コメ、酒、花ビンなどを備え、旧暦の1日、15日や年中行事には、欠かさずお詣りをする。毎日、お参りをする家もある。

「ヒヌカン」には、一家の守り神として、家族の健康、病気の快復、出産、結婚から進学、就職など家族の身近なあれこれはもちろん、その家の繁栄、繁盛まで祈願もすれば、ご報告したりする。それだけではない。「ウトゥーシドゥクル」といって、すべての神様、ご先祖様に取り次ぐという役割もしてくれる。本土でも神棚に手を合わすように、沖縄でも「ヒヌカン」に手を合わせて神様、ご先祖さまに感謝する。つまり、「ヒヌカン」は、屋敷神、フールーヌカミ(トイレの神)、床(とこ)の神などより格上で、沖縄の神様の最高位なのだそうだ。

ところが、神様のお告げを聞くことのできる沖縄の霊能者、渡久地十美子さんは近著の「祭祀のウソ・ホント」のなかで、「ヒヌカンは実際にはいません。いくら香炉を大切にしても、そこに繋がる神様はいません。ただの道具です。香炉に神さまはいません。ヒヌカンが神様の中の最高位というのは、まったくのデタラメです。実際にいる神は太陽神、竜宮神、山神、水神だけです。それ以外に神はいません」と言う。渡久地さんは、ヒヌカンではなく、家の中に神様を祀る場所(神棚)を作りなさいと言う。「祭祀のウソ・ホント」は ⇒ コチラから

どちらを信じていいのか、よく分からないが、太古の昔から「火」は神聖なもので、太陽とともに崇めてきた。火には、魔よけの意味もあり、家の中で火を使う台所を神聖なところとして火の神、竈の神を祀ることには、何ら問題はないと思うのだが。といっても、我が家には、「ヒヌカン」も「神棚」もないので、エラそうなことは言えないが…。

上の写真は、基本的なヒヌカンの神具。ヒヌカンは、その家の神様なので、知り合いだからといって写真を撮らしてほしいとは言いづらいので、HP「沖縄お悔み情報局」さんの画像をお借りし管理人が説明を加筆した。

  ナビゲーションはトップページにあります。

   TOPページへ