三越跡が「のれん街」に変身


沖縄のれん街

旧三越百貨店の1階にオープンした国際通りのれん街(琉球新報Webからお借りした)




沖縄の老舗百貨店だった「三越」は、閉店後、食をテーマとした商業施設「琉球王国市場」が入居していたが集客が伸び悩み、管理運営会社が倒産したため、しばらく閉鎖されていた。その後、昨年10月に一部先行開業していた飲食店に加え、12月中旬、ビルの1階部分に計18店舗が入店した。そして2020年2月1日には、沖縄料理の有名店などを集めた焼肉オリオン、でんすけ商店などの「琉球横丁」区画と山頭火、ソラノイロなどの国内各地のラーメン店が並ぶ「沖縄元祖ラーメン横丁」区画が開設されることになった。

すでに入店している飲食店は、串カツ田中、牛タンいろ葉、次郎丸、香川一福、ロッキーカナイ、神豚、沖福鮮魚店、沖縄ステーキ、ロッキーカナイ、ポークマンなどで、多彩な店舗が軒を連ねている。先日、どんなところか見に行ったが、それほど広くないフロアに、キャパスティ以上の店を詰め込んでいるので、どこからが通路で、どこまでが店内なのか分からない。客の座るテーブルと通路に仕切りがない店舗もあるので、大型スーパーのフードコーナーと変わりがない。私たちが飲食しているすぐ脇を通りすがりの方たちが歩き回っているので、落ち着いて飲食ができる雰囲気ではなかった。三越跡は新規出店しても閉店する店が相次ぎ、今回が3度目の正直なので、こんどこそ長続きしてくれることを期待しているのだが…

◎三越閉店のページは ⇒ コチラから


ナビゲーションはトップページにあります。⇒ TOPページへ

背景の「首里織」は、首里王府の城下町として栄えた首里において王府の貴族、士族用に作られていたもので、悠々として麗美な織物が織り継がれ、現在に至っています。この作品は、米須幸代さんの「グーシー花織」です。