JTB沖縄が路線バス運行 空港から水族館へ


jtbシャトルバス

(ご注意)上の画像はJTBのサイトをCopyしたもので、
画像上部の各バナーをクリックしても検索できません。
このサイトへは⇒https://www.okinawa-shuttle.co.jp/


JTB沖縄が平成30年5月23日から、「那覇空港」を出発し、「恩納村のリゾート地」を通って本部町の「美ら海水族館」まで直通する路線バス(シャトルバス)の運行を始めると発表した。JTBグループでも、国内で路線バス事業を運行するのは初めてとなる。

沖縄を訪れる観光客の多くがレンタカーに頼っており、地理に不案内の人でもストレスなく沖縄観光ができる環境を作る、また、自国の免許証では日本でのレンタカーを運転できない中国人などや、免許を持たない若者らもターゲットにしている。予約はWebからもできる。恩納村では、近隣の6軒のホテルは、バスの到着時間に合わせて送迎バスを運行する。

路線は1日25往復を運行し、途中のバス停は12ヶ所程度に抑え、那覇と恩納の間は沖縄自動車道路を通る。料金は全区間乗車で大人2,000円、空港から恩納村までは1,600円とし、フリーパスやホテルパックなどの乗りやすい料金プランの導入も検討する。今回のバス事業は、北部地域の観光振興につながるだけでなく、北部の住民が那覇市や那覇空港を行き来する際にも役立つとみられる(JTB沖縄プレスリリースより)。

今回の内容とは直接、関係のない話だが、JTB沖縄では、那覇空港の第二滑走路の完成を控えた平成31年10〜同32年3月に全社を揚げて沖縄旅行のキャンペーンをする予定で、全国の店舗の販売員600人を沖縄で研修させる。JTb沖縄の役員は「沖縄はお客様に説明するほど商品が売れる地域」と言う。ますます沖縄旅行は混み合いそうだ。


ナビゲーションはトップページにあります。⇒ TOPページへ

背景の「読谷山花織」は、「ゆたんざはなうぃ」または、「よみたんざんはなおり」と読みます。琉球王朝のための御用布として織られていました。絶滅寸前だったものを、昭和39年に読谷村で「幻の花織」として復活しました。