沖縄の言葉、覚えましたか〜?


こちらに来てサークルの皆さんとお話をしていると、「沖縄の言葉分かりますかぁ〜?」とか「沖縄の言葉、何か覚えましたかぁ〜?」と聞かれることが よくある。初めの頃は「ハイサイ(こんにちは)」とか、「にふぇーでーびる(ありがとう)」、「なんくるないさー(なんとかなるさー)」といった、日常会話の単語を挙げていたが、これでは面白みがないようなので、それで会話が終わってしまう。

そのため、最近は「ゆたさるぐとぅ-うにげーさびら(よろしくお願いします)」とか「わんや-いっぺぇー はじかさん(わたしはとっても恥ずかしい)」など、単語ではなく、話し言葉で言うことにした。その方が、聞く人も楽しそうに会話を返してくれて話もはずむ。あるとき、ご年配の女性の方に聞かれたときは「うんじゅ、いっぺぇー、ちゅらかーぎー」と言ったら「もっと言って、もっと言って」と大喜びされてしまった。コチラがびっくりするくらい、まるで少女のように はしゃいで嬉しそうだった。意味は「あなたは、とても美人です」である。間違っても「やなかーぎー」などと言ってはならない。「やなかーぎー」は「ブス」という意味なのだ。このほか、オリオンビールのCMソングにある「ちぬー、にーびち さびたん(昨日、結婚しました)」と言ったら、話が大いに盛り上がり、その後、途切れることなくユンタク(おしゃべり)が続いた。

「ちゅらかーぎー」で思いついたのだが、沖縄には美人が多い。沖縄にはハーフやクオーターも多い。ハーフでもないのに彫の深い顔だちの人も少なくない。日差しが強いので、沖縄では色黒の方が圧倒的に多いのだが、中には、ホントに沖縄出身というくらい色の白い人もいる。

訳の分からなかった言葉と言えば、以前「ぬーやるばーが ハンバーガー にふぇーでーびる ボディービル」というCMがあった。漫才のガレッジセールが本土のTV番組「さんま御殿」で、沖縄で流行っているCMとして、これを紹介したが、本土にいる頃ときに聞いたので、意味は全く分からなかった。こちらに来て「なんとかバーガー、ハンバーガー、なんとか、かんとかボディービルって、どういう意味ですか?」と聞いたら大笑いされた。沖縄の人なら知らない人がいないくらい有名なハンバーガーショップのCMだそうで、解説すると沖縄方言で「ぬーやるばーが」は、「何だコレ?」という意味。「ぬーやるばーが」に「ー」をつけて「ハンバーガー」とかけたもの。平成5年に「ゴーヤバーガー」を売り出した店が「何なのだ!このバーガー!」という意味で 「ぬーやるばーが、ゴーヤバーガー」とCMを流したら、これが大受けして、2年後に、本当に「ヌーヤルバーガー」を発売したそうだ。「にふぇーでーびる」は、「ありがとう」という意味で、ボディービルとのゴロ合わせである。

沖縄の皆さんは、私と話をするときは分かりやすく標準語で話してくれるが、未だに年配者同士の会話は外国語を聞いているみたいで、ほとんど分からない。単語が多少分かる程度では、島言葉で会話はできそうもない。

沖縄の方が、日常的によく使う言葉、「だからよ〜」は ⇒ コチラから
「〇〇しましょうね〜」は ⇒ コチラから
「ハイサイ」は ⇒ コチラから
「島言葉(しまくとぅば)」は ⇒ コチラから
「ん」で始まる沖縄言葉は ⇒ コチラから
「小(ぐぁ〜)」って何だ?は ⇒ コチラから


  ナビゲーションはトップページにあります。

   TOPページへ