緊急のお知らせ−6月16・17日、沖縄はパスしよう!


お知らせ
今年の総選挙の開票イベントは、6月17日に沖縄・豊崎海浜公園豊崎美らSUNビーチで開催予定だったが、開催日前日の16日朝、開票イベント中止が突如発表された。理由は、梅雨前線が例年以上に停滞し、16日午前5時発表の気象庁天気予報によれば、17日の開催場所の沖縄県豊見城市の天気は『昼前から夕方 雷を伴い激しく降る』で降水確率80%」ということで、「来場者の安全を最優先に考慮し、中止せざるを得ないと判断した」というもの。
開票自体は、テレビでは放送するものの客を入れないかたちで豊見城市立中央公民館で開かれ(場所は終わるまで秘密にされていた)、当初の開催予定地だった豊崎海浜公園豊崎美らSUNビーチでは、チケットを持つファンのため特設テントが設けられ1,500人が詰めかけモニター越しで開票を見守った。なお、新聞、テレビでは、16日、中止が発表されると周辺ホテルでは、空前のキャンセルラッシュになったとか、すでに沖縄入りしていた人は「雨が降り続き満足に観光もできず、イベントも中止になった。何をしに沖縄に来たのか。どうして中止の発表が前日なのだ〜」と怒りをぶつけていたというニュースを流していた。また、ツアーを予定していたJTBでは、参加予定者からの問い合わせで、はじめて中止を知ってたという慌てぶりだったそうだ。
なお、HP「ビジネスジャーナル」によれば、今回のイベント中止により、 「昨年の新潟県での総選挙開催によって、宿泊や飲食、交通等の増加を通じて、県で15億円以上、全国で32円億以上の経済効果を試算した。これに基づけば、今回の総選挙中止により、それと同程度かそれ以上の経済損失が予想される」そうだ。メンバーの渡辺麻友さんは「どうしてこの時期にやろうとしたんだろう」とTwitterしていた(6/17 ディリースポーツより)。同感!…。



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

6月に沖縄の下見を予定している方、または、観光を予定されている方にお知らせしたい。本年6月16日(金)・17日(土)は、那覇市周辺または、本島南部でホテルを見つけるのは、かなり厳しくなると思われるので、計画しておられる方は予定の見直しを! この話は4月1日にUPしたが、エイプリルフールではなく、ホントの話。

というは、AKBの総選挙の開票イベントが、平成29年6月17日、沖縄本島南部の豊見城市にある豊崎海浜公園・豊崎美らSUNビーチで行われると発表されたのである。このイベントには2万人以上の来場者が見込まれているため、那覇市、本島南部周辺のホテルが満室、または空室があっても異常な価格になっている。

大手宿泊予約サイトで検索したら、4/1現在、6/17に空室があるのは、2段bedのゲストハウスが数軒と、那覇市国際通りのホテルオーシャンが、朝食付きで@48,962円、リーガロイヤルグランは、同@38,888円、那覇セントラルホテルは、食事なしで@32,611円。南城市の百名伽藍は、2食付きで@50,000円などである(以上、すべて一泊、一室二名、一名分の税抜き価格)。空室があるのは、いずれもハイクラスのホテルばかりだが、那覇市内で、6月の平日なら1名−1room−16,580円が、92,018円というホテルもあった。税込みだと99,380円になる。ホテル名は明かさないが、これは異常価格だ。

という状態なので、目的がAKBでないなら、お出でになる方は、十分、承知してお越し願いたいのである。

◎関連記事
・AKB総選挙に税金が ⇒ コチラから

 

  ナビゲーションはトップページにあります。

   TOPページへ