金利0.5%の誘惑


沖縄とは全く関係のない話なので恐縮だが、こんなことがあった。1年定期の金利が0.025%というのが普通の昨今、新聞で、「ダイ○証券が、夏の特別金利キャンペーンで、平成27年8月3日から1年定期の金利が0.5%の商品を発売開始」という広告を見た。

店頭での預け入れが条件だが、那覇市には同社の支店があるので、その条件はクリア出来る。早速、ネットで口座開設の申し込みをした。約款などは3日後に送られてきたが、口座開設の申込書が送られてこない。東京からなので時間がかかるかと思って1週間待ったが送られてこない。メールで請求をしたら、「約款とは別送している。間もなく着くと思うので、もうしばらくお待ちください」と返信が来た。さらに1週間待ったが送られ来ないので再請求をした。すると、住所、氏名等をお知らせくださいと返信が来た。連絡すると1週間後に申込書が送られてきた。

必要事項を記入し、必要書類をセットして送る前に、同社のHPを見た。8月17日付けで「夏の特別金利キャンペーンは予定総額に達しましたので、お取扱いを終了いたしました」とあった。口座開設の申込書を待つ3週間の間に、このキャンペーンは終わってしまっていた。金利の高いのをエサにした単なる顧客情報集めの手段に踊らされてしまったようだ。申込書を送ってきたのは、キャンペーンが終了してからだったが、キャンペーンが終了したという案内は同封されていなかった。約款を送ってくれたとき、申込書も同封してくれれば、予定総額になる前に預け入れが出来たのだが…。申込書を送らなかったのには、顧客を選んでいるから?、それとも何か理由(わけ)でもあるのでしょうかぁ〜?(太字はチェリッシュの「白いギター」より)。

  ナビゲーションはトップページにあります。

   TOPページへ