琉神マブヤー


今回は、沖縄の ”ヒーロー” をご紹介する。その名は「琉神マブヤー 」という。私は、沖縄に来るまで全く知らなかった。テレビドラマが生んだヒーローで、県内各地で開催されるイベント、キャラクターショーなどには、しばしば登場する。「マブヤー」の語源は、「マブイ」のようだ。沖縄では「魂」のことを「マブイ」という。

「琉神マブヤー」は、平成20年にテレビで放送されると、たちまち映画化、漫画化され、主題歌のCDは沖縄では売り上げトップになるなど、こちらでは知らない人がいないほどの人気キャラクターになった。ドラマのテーマは、9つのマブイストーンを狙う悪の軍団マジムンと正義のヒーロー・琉神マブヤーが沖縄の平和をかけて戦うという物語である。しかも悪人が必ずしも悪ではなく、時に善人のように思えたりする場面もある。いろんなテーマにも通じる、普遍性や道徳性を示唆するような教育的ストーリー(HP「マイナビ」)で、「琉神マブヤー」は、沖縄の文化や精神性を重んじ、相手が 悪人であっても憎んだり、殺生することもしない。

放送を見て思ったことだが、私にとって このドラマの最大の難点は、セリフに「うちなーぐち(沖縄本島の方言)」がひんぱんに出てくることである。残念ながら、ヤマトンチュー(本土人)にはセリフの意味が分からない。沖縄の子ども達は、意味が分からないと親に聞く。親が分からなければ、「おじぃ」や「あばぁ」に聞く。それが家庭のコミュニケーション作りに貢献しているらしい。そんなわけで、子どもだけでなく世代を超えた人気番組になったそうだ。
「琉神マブヤー」の姿をお見せしたいが、画像は著作権が設定されているので、このページには直接、掲載できない。ご覧になりたい方は ⇒こちらから。

では、ご参考までに、平成23年の映画「琉神マブヤー THE MOVIE 7つのマブイ」の公式ホームページから、映画の宣伝をご紹介する。
蒼い空とエメラルド・グリーンの海。自然から放たれるエナジーと神聖な空気が充ちる神秘の国・沖縄から、初のヒーローが誕生した。海の向こうの理想郷“ニライカナイ”からやってきたマブイ(魂)の戦士……。その名は、琉神マブヤー!。マブヤーは、ウチナーンチュ(沖縄県人)に必要不可欠な七つのマブイを護りながら、琉球に新たな帝国を築こうとする悪の軍団マジムンの野望を阻止するために立ちあがる。マブイを込めた必殺技、スーパー・メーゴーサーで悪の野望をうち砕け!!。敵を倒すというヒーロー物のお約束を覆し、琉球空手の神髄 “空手に先手なし” を生かして、決して敵の命は奪わない。“ちむぐくる(相手を思いやる)” と “許し” の精神をもった、前代未聞の “真のヒーロー” だ。
と、こんな内容である。
プロモーションビデオを、ご覧になりたい方は、  ⇒こちらから。

  ナビゲーションはトップページにあります。

   TOPページへ