石垣⇔7離島全便運休


石垣離島ターミナル

石垣離島ターミナル


新型コロナウイルスの影響で、県内離島の観光施設の閉鎖が続いているが、明日5月1日から石垣島と竹富町の離島を結ぶ7航路が全便運休する。観光客の入島を防ぐのが目的で、生活航路を維持するため、現行就航便は町が高速船・貨物船をチャーター便として運航するが、町民以外の乗船は認めない。運休は5月6日までの予定。

全便停止されるのは竹富島、黒島、西表島大原港、西表島上原港、小浜島、鳩間島、波照間島と石垣島を結ぶ全定期航路。竹富町によると町内の宿泊施設で連休中に観光客による予約があるという。町長は「医療体制が十分でない町内で感染者を出さないためにも1、2週間が大変重要な局面だ」と強調している(沖縄タイムスより)。

また、ピーチ・アビエーション(APJ/MM)も、5月のゴールデンウイーク期間に運航を予定していた離島4路線について、連休中の運航を取りやめると発表している。1日2往復の関西−石垣線と、1日1往復ずつの関西−奄美線、成田−奄美線、石垣線の4路線。このほか、ピーチでは、沖縄への一部路線を減便している。詳しくは、同社のHPを(Aviation Wireより)。



ナビゲーションはトップページにあります。⇒ TOPページへ

背景の「首里織」は、首里王府の城下町として栄えた首里において王府の貴族、士族用に作られていたもので、悠々として麗美な織物が織り継がれ、現在に至っています。この作品は、米須幸代さんの「グーシー花織」です。