ピンクの家


沖縄特有の建物の色と言えば、明るい茶色の屋根瓦に漆喰の白、あるいは濃いレンガ色などが浮かぶが、町を歩いていて目立つのは、壁の色が薄いピンクの民家やアパートだ。屋根は濃い色のピンクやレンガ色だったりとマチマチだ。私のアパート北の2軒とも新しい家だが、壁は全面、ピンク色だ。下の写真は市内にあるアパートだが、遠くからでもよく目立つ。また、全部ピンクでなくても壁にピンクのラインが入っていたり、窓枠の回りだけピンクだったりする。ピンクにする意味があるのか、流行(はやり)なのかは知らないが、本土では商売でもしていない限りピンクにはしないと思うが、民家でピンクがあったとしたら珍しいだろう。



ピンクの家

ナビゲーションはトップページにあります。

TOPページへ