オスプレイが追ってくる


オスプレイが沖縄に配備されて以来、沖縄の新聞は連日、トップで扱っている。今日の朝刊も「オスプレイ2機、騒音防止協定破る」と、5段抜きで報じている。国道330号線を走ると普天間飛行場のゲート前では、抗議行動の人であふれ、抗議のクラクションを鳴らしてくれ、というプラカードを持って行き交う車に訴えている。

そんな最中(さなか)、沖縄自動車道を北に向かって走っていてオスプレイを見た。赤いバケットをぶら下げて、私の進路を横断するように左から右に飛行していた。このあと、一旦視界から消えたが、バタバタと大きな音がするので家内が振り向いたら、超低空飛行で私の車の後を追いかけてきた。車のスピードにあわせるように、いつまでも、やゝ後方から付いてくる。時間にすれば2〜3分だったと思うが、仮想攻撃対象にされたようで、あまりイイ気持ちではない。こんなことをするから沖縄では米軍は嫌われる。



osprey
CV-22オスプレイ(GATAG フリー画像より)

ナビゲーションはトップページにあります。

TOPページへ